犬も歩けば棒に当たる

【読み方:いぬもあるけばぼうにあたる、分類:諺】

犬も歩けば棒に当たるは、「江戸いろはかるた」の第一句で、「犬も歩けば棒に会う」とも言い、思いがけない何かがあることの喩えをいいます。元々(古く)は、「棒に当たる」とは棒で殴られるという意から、何かをしようとすれば、何かと災難に遭うことも多いという喩え(でしゃばると思わぬ災難に遭うという戒め)でした。

ただし、現在では、「当たる」という言葉の印象からか、その意味が転じて、何かをしているうちに思いがけない幸運があるという喩えにもなっています。