三つ子の魂百まで

【読み方:みつごのたましいひゃくまで、分類:諺】

三つ子の魂百までは、幼い頃の性格や性質は、年をとっても変わらないことをいいます。これは、幼い子を意味する「三つ子」、心や精神などを意味する「魂」、老齢までを示唆する「百まで」からなる言葉で、幼い頃の性格や性質は一生変わらないものだということを喩えたものです(幼い頃に習ったものを覚えているという意味ではない)。

なお、本用語と似たようなものとして、「子供は大人の父親」や「病は治るが癖は治らぬ」などもあります。