嘘つきは泥棒の始まり

【読み方:うそつきはどろぼうのはじまり、分類:諺】

嘘つきは泥棒の始まりは、「嘘吐きは泥棒の始まり」とも表記され、平気で嘘をつくような人は、盗みも悪いことだと思わなくなってしまうことをいいます。これは、何も悪いと思わないで平然と嘘をつくようになれば、いつか良心(善悪の判断)がなくなって盗みも平気でする人(泥棒)になることもあるから、「悪の道」へ入る第一歩である嘘は決してついてはいけないという戒めとなっています。

なお、本諺と似たようなものとして、「嘘と盗みは互いに隣同士」や「嘘つきは盗人の苗代」、「嘘は盗人の始まり」などもあります。