案ずるより産むが易し

【読み方:あんずるよりうむがやすし、分類:諺】

案ずるより産むが易しは、「案ずるより産むが易い」とも言い、物事は実際に行なってみると、事前に心配していたほど難しくはないことの喩えをいいます。これは、出産する前は本人も周囲の人も色々と心配することが多いですが、実際に終わってみると案外たやすく済んでしまうものであることに由来するものです。そして、それが転じて、物事は事前にあれこれと思い悩むよりも、実際はそれほど難しくないという意味になり、またあまり取り越し苦労をしない方がいいという慰めの意味でも使われるようになりました。

なお、本諺と似たようなものとして、「案じる子は生み易い」や「案じるより団子汁」、「思うより産むが易い」などもあります。