苦しい時の神頼み

【読み方:くるしいときのかみだのみ、分類:諺】

苦しい時の神頼みは、神仏を信じる心を持たない人が困った時だけ神仏の加護(神仏が力を加えて守り助けること)を請うことをいいます。これは、普段、信仰心のない人が、困窮し追い詰められた時にだけ、神仏に祈って助けを求めようとする「身勝手さ(都合よさ)」を表現したものです。

一般に本用語は、人間の本質(弱さ)の一つを表わしており、また似たようなものとして、「困った時の神頼み」や「切ない時の神頼み」、「人窮すれば天を呼ぶ」などもあります。