腐っても鯛

【読み方:くさってもたい、分類:諺】

腐っても鯛は、「腐っても鯛の骨」とも言い、優れた素質や価値を持つものは、多少悪い状態になっても本来の価値(それなりの値打ち)を失わないことをいいます。これは、姿が美しく、「めでたい」に通じるところから縁起の良い魚とされる「鯛(たい:スズキ目タイ科の海魚の総称)」は、仮に腐ろうとも、鯛は鯛であることに変わりはないということに由来するものです。

なお、本用語と似たようなものとして、「切れても絹切」や「破れても小袖」、「古川に水絶えず」、「沈丁花は枯れても芳し」、「痩せても枯れても武士は武士」などもあります。

<本用語の使用例>

・これほどの動員力を誇るとは、さすがに腐っても鯛といったところか
・一昔前よりは衰退したものの、腐っても鯛といえる○○国は外交面や軍事力で侮れない