罪を憎んで人を憎まず

【読み方:つみをにくんでひとをにくまず、分類:故事】

罪を憎んで人を憎まずは、「其の罪を憎んで其の人を憎まず」とも言い、犯した罪は憎んで罰しても、罪を犯した人まで憎んではならないという教えをいいます。これは、中国の孔子及びその一族に伝わる代々の言行録集成の書である「孔叢子(刑論)」において、「古之聴訟者、悪其意、不悪其人」とあるのに基づくものです。

なお、本言葉と似たようなものが、新約聖書の「ヨハネによる福音書」において、イエスの言葉として記載されており、その意味合いもほぼ同じです。