いつまでもあると思うな親と金

【読み方:いつまでもあるとおもうなおやとかね、分類:諺】

いつまでもあると思うな親と金は、「何時迄もあると思うな親と金」とも表記され、自立と倹約を心がけるべきであるという戒めをいいます。これは、子(若い世代)への戒め(教え)であり、親はいつまでも面倒をみてはくれないし、金も使えばいつかはなくなってしまうことを述べたものです。

一般に本用語は、親への依存心をなくし、金銭面もしっかりと管理して生きていくことの必要性を示唆したものであり、子が親に大きく依存する現代において大切な戒めと言えます。