亀の甲より年の功

【読み方:かめのこうよりとしのこう、分類:諺】

亀の甲より年の功は、「亀の甲より年の劫」とも表記され、長年の経験は貴重であり、尊ぶべきであることをいいます。これは、「亀の甲」と「年の功(劫)」の同音をかけてできた諺(ことわざ)で、年長者の経験から身につけた知恵・技術・ノウハウなどは貴ぶべきであることを示唆しています。(「劫」は極めて長い時間、「年の功」は年を取って経験を積んでいることを意味)

なお、本用語と似たようなものとして、「烏賊の甲より年の功」「蟹の甲より年の功」「松笠よりも年嵩」「老馬の智」「一日の長」などもあります。