蛙の面に水

【読み方:かえるのつらにみず、分類:諺】

蛙の面に水は、「上方いろはかるた」の一つで、「蛙の面へ水」とも言い、どんな仕打ちをされても全く平気でいることの喩をいいます。これは、蛙(カエル)の面に水をかけても全く平気でいる(少しも嫌がらない)ように、どんな仕打ちに対しても"しゃあしゃあ"とし、少しも感じない様を表します。

一般に本用語は、日常的には、図々しくて、ふてぶてしい人に対して皮肉をこめて言う場合が多く、また似たようなものとして、「蛙の面に小便」や「石地蔵に蜂」、「石に灸」、「牛の角を蜂が刺す」、「馬の耳に念仏」などもあります。