住めば都

【読み方:すめばみやこ、分類:諺】

住めば都は、どんな所でも住み慣れると、そこが居心地良く思われてくることをいいます。これは、住み慣れれば、都(政治・経済・文化の中心として賑やかな所)と同じように、便利で住み心地が良いことを喩えたもので、また似たようなものとして「地獄も住み家」があります。

なお、一文字違った用語に「住まば都」がありますが、これは同じ住むのなら不便な土地よりも都の方が良いことをいい、本用語と意味は全く異なります。