我思う、故に我在り

【読み方:われおもうゆえにわれあり、分類:故事】

我思う、故に我在りは、あらゆる意識内容は疑うことができても、意識そのものや意識する自分の存在は疑うことができないことをいいます。これは、近世哲学の祖として知られる、フランスの哲学者であるルネ・デカルト(1596-1650)が自著「方法序説」の中で提唱した有名な命題であり、「一切を疑うべし」という方法的懐疑により、自分を含めた世界の全てが虚偽だとしても、まさにそのように疑っている意識作用が確実であるならば、そのように意識しているところの「我だけ」は、その存在を疑い得ないことを示唆しています。