乗り掛かった船

【読み方:のりかかったふね、分類:諺】

乗り掛かった船は、「乗り掛けた船」や「乗り出した船」とも言い、いったん関わった以上は、途中で止めるわけにはいかないことをいいます。これは、一度船に乗ったら、岸に着くまでは降りられないことから、いったん物事を始めて(関わって)しまった以上は、たとえ途中で事情が変わっても、そう簡単に止めるわけにはいかないことの喩えとなっています。

なお、本用語と似たようなものとして、「乗り掛かった馬」や「渡りかけた橋」などもあります。