火に油を注ぐ

【読み方:ひにあぶらをそそぐ、分類:諺】

火に油を注ぐは、「燃える火に油を注ぐ」とも言い、勢いのあるものにさらに勢いをつけることの喩えをいいます。これは、勢いよく燃えている火に油を注ぐとさらに火勢が強くなることから、一般に勢いの盛んなものにさらに勢いを加えるようなことをすることを意味し、多くは不本意(自分の本当の望みとは違っているよう)な場合に使われます。

なお、本用語と似たようなものとして、「薪に油を添える」や「駆け馬に鞭」などもあります。