花より団子

【読み方:はなよりだんご、分類:諺】

花より団子は、「江戸いろはかるた」や「尾張いろはかるた」の一つで、風流より実利を選ぶことや外観よりも実質を尊ぶことの喩えをいいます。これは、花を眺めて目を楽しませるより団子を食べて食欲を満たす方を好むという意から、人は風流より実利の方を取ることを示唆しています。また、風流を解さない人を批判する時の言葉としても使われることがあります。