立春

【読み方:りっしゅん、分類:二十四節気】

立春は、二十四節気の第1(1月節・正月節)で、冬至と春分の間の2月4日頃、およびこの日から雨水(2月19日頃)までの期間をいいます。の上では、この日が春の始まりで、立春から立夏の前日までを春としています。また、旧暦では、立春から新しい年がスタートし、正月は立春とほぼ重なっていた名残(なごり)から、現在でも正月に「新春」や「迎春」などの表現を使います。なお、二十四節気とは、太陰太陽暦において、季節を正しく示すために設けた暦上の分割点をいい、太陰太陽暦の一年を太陽の黄経に従って24等分し、各分割点の日にその季節を表す呼称をつけたものです。

一般に立春は、冬と春の分かれる節分の翌日であり、「寒さも峠を越え、春の気配が感じられる頃」といった意味合いがあります。また、昔は、この日を基準に様々な決まり事や節目があり、立春から数えて88日目を「八十八夜」といって茶摘みをする目安にしたり、210日目を「二百十日」、220日目を「二百二十日」といって、台風などを警戒する日にしていました。ちなみに、立春以降、初めて吹く南よりの強風を「春一番」と呼びます。

・季節:春
・月:1月節
・太陽黄経:315度
・新暦日付:2月4日頃
・暦便覧:春の気たつを以て也

※暦便覧:太玄斎(松平頼救)の書いた暦の解説書(1787年出版)

<二十四節気の季節区分>

・立春:春、1月節、2月4日頃
雨水:春、1月中、2月19日頃
啓蟄:春、2月節、3月6日頃
春分:春、2月中、3月21日頃
清明:春、3月節、4月5日頃
穀雨:春、3月中、4月20日頃
立夏:夏、4月節、5月5日頃
小満:夏、4月中、5月21日頃
芒種:夏、5月節、6月6日頃
夏至:夏、5月中、6月21日頃
小暑:夏、6月節、7月7日頃
大暑:夏、6月中、7月23日頃
立秋:秋、7月節、8月8日頃
処暑:秋、7月中、8月23日頃
白露:秋、8月節、9月8日頃
秋分:秋、8月中、9月23日頃
寒露:秋、9月節、10月8日頃
霜降:秋、9月中、10月23日頃
立冬:冬、10月節、11月7日頃
小雪:冬、10月中、11月22日頃
大雪:冬、11月節、12月7日頃
冬至:冬、11月中、12月22日頃
小寒:冬、12月節、1月5日頃
大寒:冬、12月中、1月20日頃