七草の節句

【読み方:ななくさのせっく、分類:五節句】

七草の節句は、五節句の一つで、「人日(じんじつ)」とも呼ばれ、陰暦旧暦)の正月七日(1月7日)のことをいいます。これは、過去一年の厄払いをして、これから一年の無病息災と招福を祈願する日とされています。日本では、この日に春の訪れを予感させると共に、万病除けと邪気払いに良いとされる七種の若菜を入れた粥に餅を入れた「七草粥」を食べる風習があり、その中身は胃腸の調整を計る薬草代わりとも言われることから、正月のご馳走を食べた後の「箸休め」にもなります。また、五節句とは、一年間の重要な五つの節句(年間の節目となる年中行事およびその日)をいいます。

なお、毎年、1月7日に七草粥を食べるという風習は、もともと日本にあった七種類の食材で作った粥を食べて健康を願う風習と正月に若菜を摘む風習とが、中国から伝わった人日の風習と混じり合って、人々の間に根づいたものだそうです。

<五節句の種類>

・1月7日:七草の節句(人日)
・3月3日:桃の節句上巳
・5月5日:菖蒲の節句端午
・7月7日:笹の節句七夕
・9月9日:菊の節句重陽