祭日

【読み方:さいじつ、分類:概念】

祭日は、日本において、日常的には「国民の祝日」の俗称をいいます。また、国民の祝日とは、「国民の祝日に関する法律」で定められた休日のことで、国民の祝日、振替休日、国民の休日の三種類があり、毎年のカレンダーに記載されます。なお、その他には、神社等で祭りを行う日(例祭日と臨時祭日があり)、皇室で祭典が行われる日(大祭日と小祭日があり)、神道で死者の霊を祭る日といった意味もあります。