子年(ねずみ年)

【読み方:ねどし/ねずみどし、分類:干支】

子年(ねずみ年)は、干支の一つで、西暦年を12で割った時に余りが4となる年をいいます。これは、日常的には、「年賀状」や「子年生まれ」などで意識(認識)することが多いです。また、子(ね)とは、十二支の中で第1番目に数えられるもので、十二生肖(動物)は「鼠(ネズミ)」、方位は「北」、月(旧暦)は「11月」、五行は「水」、陰陽は「陽」などとなっています。

元々、子は、「増える」を意味する「孳(し)」に由来し、中国の前漢のことを記した歴史書「漢書(律暦志)」では、植物が子孫を増やそうと成長し始める種子の状態を表すと解釈されており、子孫繁栄の意があるそうです。また、これを動物の「鼠」としたのは、その昔、学のない庶民に十二支を浸透させるためだったそうです。

なお、干支とは、「六十干支」や「十干十二支」、「天干地支」とも呼ばれ、本来は十干十二支を組み合わせた60を周期とする数詞を意味しますが、日本においては、十干を省略して「十二支だけで表した年」を意味することが多いです。

<干支の順番(12年で一巡)>

01.子年(ねずみ年)
02.丑年(うし年)
03.寅年(とら年)
04.卯年(うさぎ年)
05.辰年(たつ年)
06.巳年(へび年)
07.午年(うま年)
08.未年(ひつじ年)
09.申年(さる年)
10.酉年(とり年)
11.戌年(いぬ年)
12.亥年(いのしし年)