海の日

【読み方:うみのひ、分類:休日

海の日は、日本の「国民の祝日」の一つで、7月の第3月曜日を祝日とするものです。これは、1995年に制定され(1996年から実施)、当初は7月20日に定められましたが、2003年より現行の日程に変更されています。また、その趣旨は、国民の祝日に関する法律において、「海の恩恵に感謝するとともに、海洋国日本の繁栄を願う」とされています。ちなみに、その由来は、1876年に明治天皇が東北・北海道巡幸の際に、汽船・明治丸で横浜に帰着した日にちなみ、1941年以来、「海の記念日」とされていたのを改称したものだそうです。

なお、国民の祝日とは、同法律の第1条で、「自由と平和を求めてやまない日本国民は、美しい風習を育てつつ、よりよき社会、より豊かな生活を築きあげるために、ここに国民こぞって祝い、感謝し、又は記念する日」と定義されています。