吟醸造り

【読み方:じょうぞうづくり、分類:日本酒

吟醸造りは、製造過程において吟味して醸造する(発酵・熟成などの作用によって酒・味噌・醤油などを造る)ことをいいます。これは、清酒(日本酒)では、伝統的により良く精米した白米を低温でゆっくりと発酵させ、粕の割合を高くして、特有な芳香(吟香)を有するように醸造することをいいます。また、今日ある吟醸酒は、吟醸造り専用の優良酵母、原料米の処理、発酵の管理から瓶詰・出荷に至るまでの高度に洗練された吟醸造り技術の開発・普及によって商品化が可能になりました。