連続式蒸溜焼酎

【読み方:れんぞくしきじょうりゅうしょうちゅう、分類:焼酎

連続式蒸溜焼酎は、「焼酎甲類」とも呼ばれ、糖蜜等を原料とした発酵液をもとに、連続式蒸留器で蒸留して高純度エタノールを生成し、それに加水した焼酎をいいます。これは、日本の酒税法では、連続式蒸留機で蒸留したもので、かつアルコール分36度未満のもので、ウイスキー、ブランデー、ウォッカラムジンなどに該当しないものとしています。

一般に連続式蒸溜焼酎は、無色透明でピュアなクセのない味わい(すっきりした味わい)が特徴となっており、通常、ストレート水割りお湯割りオン・ザ・ロックなどで飲む以外に、チューハイサワーカクテル等のベースや梅酒等の果実酒づくりなどに用いられることも多いです。