チューハイ(酎ハイ)

【読み方:ちゅーはい、分類:飲み方】

チューハイは、「酎ハイ」とも表記され、蒸留酒を炭酸水等で割った飲み物をいいます。元々は、「焼酎ハイボール」とも呼ばれ、焼酎のうちでも低価格で風味の乏しい焼酎甲類を炭酸水で割り、果汁等で味付けして大衆酒場で供されていたもので、また世の中に広まったのは、居酒屋チェーンのメニューに加わってからだそうです。

現在、チューハイは、厳密な区分や法律上の規定は特になく、焼酎ウォッカなどの酒類をベースに、果汁などを加えて炭酸で割ったものを指し、様々な種類があります(ウーロン茶で割る「ウーロンハイ」も含む)。なお、似たようなものに、蒸留酒に酸味(柑橘類などの酸味のあるジュース類)と甘味(砂糖やシロップ等)を加えて作る「サワー」がありますが、日本のレシピ上において両者の違いはほとんどありません。