桜餅

【読み方:さくらもち、分類:和菓子】

桜餅は、塩漬けした桜の葉に餅を包み、餅に餡(あん)を入れて甘味とし、桜の香りがする和菓子をいいます。これには大きく分けて、上方風の「道明寺」と江戸風の「長命寺」があります。前者の道明寺は、道明寺粉(もち米を水に浸してから蒸し上げ、乾燥させてから粗くひいたもの)を蒸して餅を作り、これに餡を詰めて桜の葉に包んだ形(二つ折りや円筒型)となっており、京菓子の趣があります。一方で後者の長命寺は、小麦粉などを水で延べて熱して固めた生地を作り、餡を挟んだ生地に桜の葉を被う形(丸身を帯びた形)となっています。また、桜の葉については、葉が柔らかくて毛が少ない「オオシマザクラの葉」を塩漬けしたものが使われます(塩漬けした桜の葉の日本一の産地は、伊豆半島の松崎町)。

なお、桜餅の上方風と江戸風のどちらが先にできたのかは議論されていますが、未だに判明していません。ちなみに、江戸風の長命寺については、江戸時代中期の1717年(享保2年)に、江戸・向島の長命寺で門番をしていた山本新六が考案し、門前で売り出したとされており、また山本新六の店は、現在、向島で桜餅だけを扱う和菓子店「山本や」となっています。