シュークリーム

【読み方:しゅーくりーむ、分類:洋菓子/フランス菓子】

シュークリームは、小麦粉・卵・バターなどを混ぜて焼いた薄い生地(空洞の球形)の中に、クリームを詰めたフランスの洋菓子をいいます。その語源(日本名)は、フランス語の「chou à la crème(シュ・ア・ラ・クレム)」で、「ア」と「ラ」が省略され、さらに「クレム」を「クリーム」と換えた和製外来語です。また、フランス語の名称は、「シュ」が「キャベツ」で「シュ・ア・ラ・クレム」は「クリーム入りのキャベツ」という意味で、生地の形がキャベツに似ていることに由来するそうです。ちなみに、英語では「cream puff(クリームパフ)」と言うそうです。

一般にシュークリームは、日本においても身近な洋菓子(スイーツ)の一つとなっており、チェーン店では「コージーコーナー」や「洋菓子のヒロタ」などのものが有名です。なお、生地の中のクリームについては、定番のカスタードクリーム以外に、ホイップクリームやチョコレートクリームなどのものもあります。