今川焼き

【読み方:いまがわやき、分類:和菓子】

今川焼きは、小麦粉・卵・砂糖を水で溶いたものを鉄製または銅製の焼き型に流し入れ、餡(あん)等を入れて焼いた和菓子をいいます。通常、作り方については、焼き型に流し込んで餡等を乗せ、その上に生地を流し入れるか、または別の型で焼いておいた同型の生地を乗せて、丸型や小判型などの形状で焼き上げられます。また、生地の中に入れる餡等については、一般に小豆あんが一番多いですが、その他に白あん・カスタードクリーム・チョコレートクリームなどもあります。

ちなみに、今川焼きという名称は、江戸時代中期に江戸・神田の今川橋付近の店で売り出されたことに由来するそうです。また、本名称は全国的なものではなく、関東地方(東日本)などで主に使われるものであり、その他に「大判焼き」「二重焼き」「回転焼き」「巴焼き」「義士焼き」「太鼓焼き」「甘太郎焼」「夫婦まんじゅう」といった呼び名も地域やお店で使われることがあります。