鯛焼き

【読み方:たいやき、分類:和菓子】

鯛焼き(たい焼き)は、「今川焼き」から派生した和菓子で、小麦粉・卵・砂糖・重曹などから作った生地を鯛(たい)を象った焼き型に流し入れて焼き、片側に餡等を乗せて両側を合わせて焼いたものをいいます。また、生地の中に入れる餡等については、一般に小豆あんが一番多いですが、その他に白あん・抹茶あん・栗あん・カスタード・チョコレートなどもあります。

なお、鯛焼きの焼き型の種類には、一つずつ焼き上げる型と複数を一度に焼き上げる型の二つがあり、前者を「天然物(一本焼き)」、後者を「養殖物」と呼ぶそうです。基本的に「天然物」は手間がかかるため、近年では減少していますが、こだわりの専門店では「天然物」を売りにしている所もあります。