餡蜜(あんみつ)

【読み方:あんみつ、分類:和菓子】

餡蜜(あんみつ)は、蜜豆(みつまめ)に餡(あん)を盛った「和風の甘味」をいいます。これは、茹でた赤えんどう、賽の目切りにした寒天、求肥(ぎゅうひ:練って作る餅の一種)、干し杏子などを容器に盛り、みつ(黒蜜や白蜜)をかけて食べるものです。その発祥(考案)は、1930年(昭和5年)に東京・銀座の甘味処「若松」とされており、現在も営業し「元祖あんみつ」として提供されています。なお、日本各地においては、京都、鎌倉、浅草、上野などのあんみつが有名です。

<あんみつの種類>

クリームあんみつ:アイス(ホイップ)クリームを乗せたもの
フルーツあんみつ:各種果物を乗せたもの
白玉あんみつ:白玉を乗せたもの