胡麻団子

【読み方:ごまだんご、分類:中華菓子】

胡麻団子は、中国語で「芝麻球(ちーまーちゅう、ちーまーかお)」と呼ばれ、中華料理の甜点心(甘味のある点心)の一つをいいます。これは、胡麻餡(ごまあん)を白玉粉(精白したもち米の粉)・水・砂糖・胡麻油などを混ぜた生地で包み、その周りに白胡麻または黒胡麻をまぶして揚げて作られます。また、胡麻餡の代わりに「小豆の漉し餡」や「蓮の実餡」を使うこともあります(中には、餡を入れず、暖まった空気で団子内を膨らませ、大きく揚げるものもあり)。一般に胡麻団子は、飲茶の際や食後のデザートの一つとして食べられ、胡麻の香ばしさと独特のモチモチした食感が味わえます。