わらび餅

【読み方:わらびもち、分類:和菓子】

わらび餅(蕨餅)は、ワラビ(蕨)の根茎から取れるデンプンであるワラビ粉(蕨粉)に水と砂糖を加えて練り、型(容器)に流し込んで、冷やして固めた和菓子をいいます。本来は、その名称からワラビ粉を材料に製造されるものですが、現在は手間のかかるワラビ粉の製造者が非常に少なくなったため、身近で市販されるものは、ワラビ粉の代わりに、サツマイモやタピオカ等のデンプンや葛粉などを材料にして製造されるものがほとんどです(本来のワラビ粉で作られるわらび餅は希少な高級品)。

一般に本来のワラビ粉だけで作られるわらび餅は、茶色がかったものであるのに対して、ワラビ粉以外で作られるものは無色透明であるものが多いです。また、食べ方については、葛餅と同様、きな粉や黒蜜をかけて食べます。ちなみに、わらび餅の異称を「岡大夫」といい、これは醍醐天皇が好み、大夫(五位)の位を授けたという言い伝えからだそうです。