マドレーヌ

【読み方:まどれーぬ、分類:洋菓子/フランス菓子】

マドレーヌ(Madeleine)は、小麦粉・ベーキングパウダー(膨らし粉)・卵・砂糖・バターなどから作った生地を貝殻型や円形型などの焼き型の上に載せ、ふんわりと焼いたフランスの焼き菓子をいいます。また、好みにより、レモンやオレンジ等の果汁(風味)、バニラエッセンス等の香料、ブランデーなどを生地に入れることもあります。

その発祥については、初めて作った女性の名(マドレーヌ)にちなんでおり、18世紀にロレーヌ公スタニラス・レクチンスキー(ルイ15世の義理の父)のためにコメルシの女性マドレーヌ・ポルミエが作ったという説や、サンティアゴ・デ・コンポステーラへ向かう巡礼のために、そのシンボルであるホタテガイを象ってマドレーヌという女性が作ったという説などがあるそうです。