べっこう飴

【読み方:べっこうあめ、分類:和菓子/飴】

べっこう飴(鼈甲飴)は、砂糖(ざらめ糖)を煮て溶かし、冷まして薄く固めた飴(あめ)をいいます。通常、黄色っぽい色(茶褐色)で平たい形状の飴であり、基本的に原材料はざらめ糖(一粒一粒が大きい純度が高い砂糖)と水のみであり、これらを加熱して溶かし、色付いてきてから成形します。また、成形にあたっては、溶かした飴を金属性の型に流し込んで形作る平たい飴と、型を用いずに飴細工で形作る飴があります。

一般にべっこう飴は、簡単に作ることができるため、日本の祭りや縁日の屋台における定番の一つとなっています。ちなみに、その名称については、飴を煮詰めるとカメの甲羅を加工したべっこう(鼈甲)同様の茶褐色になることに由来するそうです。