カスタードクリーム

【読み方:かすたーどくりーむ、分類:クリーム】

カスタードクリーム(Pastry cream)は、「クレーム・パティシエール」とも呼ばれ、卵黄と砂糖をよく混ぜ、小麦粉(またはコーンスターチ)を加え、温めた牛乳を少しずつ加えて伸ばし、トロみがつくまで加熱したもの(クリーム状に煮詰めたもの)をいいます。これは、主に洋菓子に使われるクリーム(ソース)の一つで、薄黄色くてトロりとした甘い味がします(水分が多いため、日持ちはしない)。通常、バニラの香りをつけ、また泡立てた生クリームを混ぜるとコクと食感が向上します。

一般にカスタードクリームは、ホイップクリームと異なり、加熱しても変質せず、かつ安価なため、クリームパン、シュークリームエクレアババロアタルト、ケーキなど様々なものに使われます。

●クレーム・サントノール

カスタードクリームにメレンゲ(固く泡立てた卵白)を混ぜ込んだもの。

●クレーム・アングレーズ

カスタードソースの一種で、名称は「イングランドのクリーム」を意味。カスタードクリームと材料や製法はほぼ同じであるが、小麦粉が入らないためとろみが少ない。