ワッフル

【読み方:わっふる、分類:洋菓子】

ワッフル(Waffle)は、小麦粉・卵・バター・牛乳・砂糖などを混ぜて作った生地を、格子状などの焼き型に挟んで焼いた洋菓子をいい、焼き上がったものには格子模様が付きます。これには、大きく分けて、イーストを用いて生地を発酵させて作る「ベルギーワッフル」と、イーストを用いず、ベーキングパウダーで生地を膨らませて作る「アメリカンワッフル」の二つがあります。日本へは、アメリカンワッフルの方が先に伝わりましたが、現在ではベルギーワッフルの方が主流となっています。

一般にベルギーワッフルには、大きく分けて、「リエージュ風」と「ブリュッセル風」の二つがあります。前者のリエージュ風は、もっちりとした弾力性のある小型の楕円形で、格子が大きくて深く、パールシュガーという粒の大きな砂糖が入っていて、そのまま食べることが多いです。一方で後者のブリュッセル風は、比較的大きな長方形で、格子が細かくて浅く、さくさくしてふんわりと軽く、メープルシロップやチョコレートソースをかけたり、ホイップクリーム・アイスクリーム・ジャム・果物などを添えたりして食べることが多いです。

なお、アメリカンワッフルについては、比較的大きな長方形または円形で、格子は細かくて浅く、また比較的ふわふわとした食感があり、食べ方はブリュッセル風に近いです。