バウムクーヘン(バームクーヘン)

【読み方:ばうむくーへん、分類:洋菓子/ドイツ菓子】

バウムクーヘン(Baumkuchen)は、「バームクーヘン」とも表記され、ドイツ語で「木の菓子」を意味し、中心に円筒状の穴があり、断面に樹木の年輪のような同心円状の模様が浮き出たドイツ発祥の洋菓子(ケーキ)をいいます。これは、卵・バター・砂糖・小麦粉・コーンスターチなどを混ぜ合わせた生地を、太い棒に薄く塗りつけて回転させながら焼くことを繰り返し、層状に作った焼き菓子です。また、その原型は、紀元前のオベリアス(ギリシア)という木の棒にパン生地を巻きつけて焼いたものとされています。なお、バウムクーヘンは、製法が特殊なため、普通のオーブンでは作れず、バウムクーヘン専用のオーブンが利用されます。このオーブンは、生地を巻きつけるための芯と、芯を自動的に回転させる装置が上部にあり、下部に生地を焼き上げるバーナーが据え付けられており、開放型で直火で生地を焼き上げます。

現在、バウムクーヘンは、日本において人気の洋菓子となっており、本場のドイツでの人気を上回るほどとも言われています。また、洋菓子の中でも日持ちがすることから、身近な贈り物や結婚式の引き出物などとしても好まれています。ちなみに、1919年3月4日、広島県物産陳列館(現在の原爆ドーム)で開かれたドイツ捕虜製作品展覧会において、ドイツの菓子職人カール・ユーハイム氏が自慢のバウムクーヘンを出品し、これが日本で初めて焼かれたバウムクーヘンとなり、それを記念して、日本記念日協会により3月4日は「バウムクーヘンの日」として認定されました。