ミルフィーユ

【読み方:みるふぃーゆ、分類:洋菓子/フランス菓子】

ミルフィーユ(Mille-feuille)は、フランス発祥の菓子の一つで、薄いパイを重ね、クリーム(カスタードクリーム・生クリーム・バタークリーム等)などを挟んだものをいいます。これは、歴史のある洋菓子で、形状や製法も様々なものがありますが、現代では3枚のフイユタージュ(パイ生地)にクリームを挟み、表面に粉糖がまぶされたもの、あるいはフォンダン(滑らかなクリーム状をした砂糖衣の一種)をかけらたものが基本とされています。また、フイユタージュは、四角く広げた小麦粉の生地に平らにしたバターをのせ、何回も折りたたんで作るもので、折りたたむ行程を重ねるほど層が増し、パリパリとした食感になっていくそうです。

一般にミルフィーユは、洋菓子の中でも歴史があり、1807年にフランスの「食通年鑑(Almanach des Gourmands)」の食味鑑定委員会が既に鑑定しており、創造者は同時代の著名な菓子職人であり料理人であったアントナン・カレーム(Antonin Careme)だとも言われています。また、日本へは、江戸末期から明治にかけて、フランス人を通して伝わったとも言われています。なお、ミルフィーユという名称については、「mille(ミル)」が「千」、「feuille(フイユ)」が「葉」から、「mille-feuille」は「千枚の葉」という意味になり、たくさんの重ねたパイが葉に似ていることから、このような名になったそうです。

●ミルフィーユ・ロン(Mille-feuille rond)

丸い形状のミルフィーユで、側面にはカスタードクリームを塗り刻んだフイユタージュをまぶし、上面に粉糖をまぶしたもの。

●ミルフィーユ・グラッセ(Mille-feuille glace)

フォンダンがけにしたミルフィーユで、チョコレートで矢羽模様などを描き飾りとしているもの。

●ミルフィーユ・ブラン(Mille-feuille blanc)

3枚のフイユタージュ生地を用いる代わりに、中央の1枚をスポンジケーキなどに置き換えたもの。

●ミルフィーユ・オー・フレーズ(Mille-feuille aux fraises)

冷やして供され、クリームだけでなく苺も挟みこんだもの。「苺のミルフィーユ」や「ナポレオン・パイ」とも言われる。