栗羊羹

【読み方:くりようかん、分類:和菓子】

栗羊羹は、栗の甘露煮(甘く煮詰めたもの)が入った小豆の練羊羹のことをいいます。また、練羊羹とは、単に「羊羹」とも呼ばれ、小豆を主体とした餡(あん)などを寒天で固めた和菓子で、通常、寒天に水や砂糖を加えて煮立て、餡を練りまぜながら煮詰めて型に流し込んで作られます。

なお、栗の名産地である長野県小布施町の名物菓子の「栗羊羹」では、栗を茹でて裏ごしし、それに砂糖を加えて火にかけ、練って作った餡に寒天を加えて固めた菓子(裏ごしした栗餡だけで作った羊羹)となっています。