水羊羹

【読み方:みずようかん、分類:和菓子】

水羊羹は、羊羹の一種で、寒天を煮て溶かし、餡(あん)や砂糖を加えて混ぜ、容器に流し込んで冷やし固めた和菓子をいいます。これは、寒天の添加量が多くしっかりとした固さの煉羊羹とは異なり、寒天の添加量が少なく柔らかいという特徴があります。また、身近な製品については、アルミ缶やプラスチックカップに入れられたものが一般的ですが、高級菓子店では竹筒に入った製品も販売されています。

ちなみに、水羊羹は、16世紀~17世紀頃(安土桃山時代~江戸時代)に寒天が発明されてから作られ、当初は正月のお節料理のデザートとして考案されたそうです。そのため、昔は全国的に正月時分の冬に食べる風習がありましたが、現在では冷蔵技術の進歩や嗜好の変化から通年で食べられるようになり、特に暑い夏に冷やして食べることが多いです。