ミルクレープ

【読み方:みるくれーぷ、分類:洋菓子】

ミルクレープ(Mille crepes)は、クレープの間にカスタードクリームや果物などを挟んで何層にも重ね合わせた日本発祥のケーキをいいます(本場のフランスにはない)。その語源(Mille crepes)は、クレープを何層にも重ね合わせることから、その多さを表すフランス語の「mille(ミル)=1000」を「crepe(クレープ)」の前に付けたそうです。なお、クレープ(Crepe)は、パンケーキの一種で、小麦粉に牛乳や卵を加えて溶いたゆるい生地を、鉄板の上で薄く広げて焼いた、フランス北西部のブルターニュ地方が発祥の料理です。