杏仁豆腐

【読み方:あんにんどうふ、分類:中華菓子/点心】

杏仁豆腐は、中華料理の甘い点心の一つで、牛乳(または生クリーム、エバミルク)に杏仁(あんずの実の種子の白い胚乳部分)の風味と砂糖を加え、寒天またはゼラチンで固めたものをいいます。これは、本来、薬膳料理の一種で、喘息や乾性咳嗽の治療薬であるアンズ類の種の「杏仁」の中の「仁」を粉末にしたもの(杏仁霜)を、苦味を消すために甘くして服用しやすくした料理が元ですが、日本では基本的に中華のデザートとして認識されています。その主な形態としては、菱形(ひしがた)に切り分けてシロップに浮かべ、果物が添えられていることが多いですが、その他にも柔らかな食感を楽しめるプリン状のものもあります。

なお、現在日本のコンビニやスーパーなどで杏仁豆腐として売られているものは、実際には杏仁を使っておらず、ほとんどが杏仁と似た香りを持つアーモンドエッセンスを用いて作られたものだそうです(JIS規格がなく、製造や表示方法について明確な定めがないため)。