酒饅頭

【読み方:さけまんじゅう、分類:和菓子】

酒饅頭は、小麦粉の生地に酒等を入れて作った皮で餡(あん)を包み、蒸した饅頭をいいます。また、饅頭とは、小麦粉やそば粉等をこねた皮で餡などを包み、蒸すか焼くかして作った和菓子をいいます。一般に餡を包み皮は、酒母(日本酒のもろみを作る元になり、蒸し米に麹を加えて発酵させたもの)を使って小麦粉の生地を発酵させて作ったり、あるいは、小麦粉に酒や酒かす、または両方とふくらし粉を混ぜて作ったりします。

なお、酒饅頭は、地域によって、形状や味覚、製法などが異なります。例えば、長野県や新潟県の一部ではあんまんのようなものであり、福井県の一部では形状は平たくて焼き印を入れてあり、また岐阜県の一部では茶饅頭のようなものになっています。