御萩(おはぎ)

【読み方:おはぎ、分類:和菓子】

御萩(おはぎ)は、「牡丹餅(ぼたもち)」とも呼ばれ、うるち米(粘りけの少ない普通の飯にする米)ともち米(粘りけが多く餅や赤飯にする米)を混ぜて炊き、軽くついて小さく丸め、餡(あん)やきな粉、すり胡麻などをまぶしたものをいいます。これは、甘味を口にする機会の少ない昔においては御馳走であり、法要時の集まりや田植え後の寄り合い、来客のもてなしや子供のおやつなどに供されました。その種類には、餡、きな粉、すり胡麻以外にも、青海苔やずんだ(枝豆を茹でてすり潰したもの)などもあり、また餡を中に入れたものもあります。ちなみに、御萩(おはぎ)という名称は、小豆餡の様子を秋に咲く「萩の花」に見立てたことに由来するそうです。

なお、基本的に「おはぎ」と「ぼたもち」の違いはありませんが、花の季節に合わせて、春に作るものを「ぼたもち」、秋に作るものを「おはぎ」と呼ぶことがあります。また、餡をつけたものを「ぼたもち」、きな粉をまぶしたものを「おはぎ」と呼んだり、こし餡を使ったものを「ぼたもち」、粒餡を使ったものを「おはぎ」と呼んだりすることもありますが、これらの使い分けは結構曖昧で、時には逆になっていることもあります。