ラクトアイス

【読み方:らくとあいす、分類:アイス】

ラクトアイスは、アイスクリーム類のうち、乳固形分(乳の水分以外の成分)を3.0%以上含むものをいいます。これは、乳固形分が少なく、植物性脂肪が多く使われているのが特徴となっています。また、アイスクリーム類とは、乳・乳製品を主要原料として凍結させたもの(牛乳などを原料にして、冷やしながら空気を含むように攪拌してクリーム状とし、これを凍らせた菓子)で、その定義と成分規格は、食品衛生法にもとづく「乳及び乳製品の成分規格等に関する省令(乳等省令)」によって定められています。

具体的には、乳固形分を3.0%以上含むものの総称を「アイスクリーム類」と言い、また含まれる乳固形分と乳脂肪分の量によって、アイスクリーム(乳固形分15.0%以上、うち乳脂肪8.0%以上)、アイスミルク(乳固形分10.0%以上、うち乳脂肪3.0%以上)、ラクトアイス(乳固形分3.0%以上)の三つに分類されます。なお、乳固形分が3.0%未満のものについては、アイスクリーム類ではなく、食品衛生法にもとづく厚生省告示「食品、添加物等の規格基準」により、「氷菓」として規定されています。