ブラウニー

【英語名:Brownie、分類:洋菓子/アメリカ菓子】

ブラウニーは、アメリカの焼き菓子の一つで、チョコレートを用いた茶色の菓子(ケーキ)をいいます。これは、チョコレートの濃厚さによって、ファッジ(砂糖に牛乳とバターを加え加熱し、冷やし固めた柔らかいキャンデー)であったり、ざっくりとしたクッキーに近いものであったり、またナッツやチョコチップなどを混ぜたり、砂糖がけをするなど様々なタイプ(作り方)があります。また、家庭で作る際には、チョコレートに独自の風味を与えている材料の多くが揮発して消えやすいので、チョコレートの風味を保つために急いでオーブンから取り出す必要があります。

一般にブラウニーは、結構甘味があるので、コーヒーやミルクと共に食されることが多いです。また、米国のレストランなどでは、熱くしてアイスクリームと一緒に出したり、ホイップクリームをトッピングすることもあります。ちなみに、その由来(誕生)については、1893年に米国で開催されたシカゴ万国博覧会において、パーマーハウスというホテルの創業者の妻のリクエストで、同ホテルのシェフが万博に参加する女性用の気軽なデザートを考案したことに始まるそうです。また、その名称については、人間の手助けをすると言われる「妖精ブラウニー(スコットランドなどで信じられている家の精霊)」と色が似ていることから名付けられたそうです。