民宿

【読み方:みんしゅく、分類:民宿】

民宿は、一般の民家が営業許可を得て営む宿泊施設をいいます。これは、元々は海岸部や山間部などの観光地において、季節的に増える宿泊客を農家や漁家が受け入れたことが始まりで、低価格と田舎(地場)の雰囲気が好まれて急速に発展しました。また、その運営形態については、比較的小規模な家族経営が多く、施設面は簡素ですが、一方で地場の産物による家庭料理や家族労働による親しみやすさが特色(魅力)となっています。

なお、日本では、宿泊業を営む場合、旅館業法によって都道府県知事の許可を受けなければなりませんが、同法には民宿の規定がないため、多くは簡易宿所営業の許可によっています。