遺跡

【読み方:いせき、分類:観光】

遺跡は、過去の人間(人類)の生活や活動の痕跡が残されている場所をいいます。これは、過去の人類が造り出した道具等の可動的なものである「遺物」と、貝塚・古墳・墳墓・住居址・集落跡・城郭等の非可動的なものである「遺構」が残されている場所を指し、通常、考古学研究の史料や文化財保護の対象となった場合に「遺跡」と呼ばれます。なお、類似した痕跡であっても、研究や保護の対象にならないものは遺跡に含まれません。