外湯

【読み方:そとゆ、分類:温泉】

外湯は、温泉街にある宿泊施設を伴わない公衆浴場、または温泉旅館などで宿泊用の建物とは別に外に設けた浴場のことをいいます。これは、その昔、温泉が自然湧出源泉に限られており、湯量が限られていたことや誰かの占有物ではないという考え方から、湯船は源泉が湧出する場所に共同の浴場として整備されていたことに由来するものだそうです。

一般に外湯は、近場に住む人が「日帰り入浴」に利用するほか、温泉街に泊まる観光客が「外湯めぐり」で多様な温泉を楽しんでいます。