湯もみ

【読み方:ゆもみ、分類:温泉】

湯もみは、木の板などで温泉をかき回し、湯温を下げることをいいます。これは、温泉の源泉が熱いところでは、あまりにも高温(例えば、群馬の草津温泉では源泉が90度近い)で、そのまま入ることができず、温泉成分を薄めずに源泉の温度を下げるために「湯もみ」という作業が行われます。現在、日本の温泉地では、草津温泉の湯もみが有名で、また「草津良いとこ一度はおいで・・・」で始まる湯もみ唄も有名です。