三日坊主

【読み方:みっかぼうず、分類:四字熟語】

三日坊主は、物事に飽きやすく長続きしないことやそういった人をいいます。これは、一日の三倍や非常に短い期間を表す「三日」と、あざけりの気持ちを含んで、そのような人の意を表す「坊主」からなる用語で、非常に飽きやすくて、長続きしない人をあざけって言う場合に使われます。

なお、本用語と似たようなものとして、「三月庭訓(みつきていきん)」や「隠公左伝(いんこうさでん)」、「意志薄弱(いしはくじゃく)」などもあります。

<本用語の使用例>

・今までは三日坊主だったダイエットにも真剣にチャレンジした
・家計簿をつけようとしても、いつも三日坊主で終わってしまう