ディスる/DISる

【読み方:でぃする、分類:俗語】

ディスるは、「DISる」とも記載され、軽蔑するや馬鹿にする(攻撃する)といった意味で使われる若者言葉(ネットスラング)をいいます。これは、「respect(尊敬)」という言葉に、否定を意味する接頭辞「dis」を付けた「disrespect」から発生した言葉といわれます。元々は、米国のヒップホッパー(ラッパー)達が使っていたスラングで、人種差別や貧富の差などの不満をリズムに乗せて歌っていたことから始まったそうです。

一般にディスるは、ヒップホップ(Hip-Hop)では、自分の実力を見せつけるためにディスったり、ディスり返したりすることがあり、これまでに多くのヒップホップシーンでは様々な「beef(論争)」が発生し、互いをディスりながら成長・拡大していったそうです。ちなみに、エミネム(米国の白人ラッパー)主演の映画「8mile」を見ると、「ディスるとは何か?」がよく分かるそうです。

※ヒップホップとは、1970年代に米国で黒人らが路上で生み出した、音楽・ダンス・ファッションを中心とするストリート文化の総称。

<若者の使用例>

・今、俺のことディスった?
・なんか今ディスられたみたいなんだけど?
・あんまりディスらないでよ!
・ディスられたら、ディスり返しだよ!

<文章中の使用例>

・熱狂的なファンをディスるなんて最低だね
・意味もなく他人を卑下したりディスるのはよろしくない
・よりによって、出演者がスポンサー商品をディスってしまった